ランナーのない冷間材料金型とは

一般に、射出成形のプロセスでは、溶融材料はノズルから金型に、主流チャネル、分流チャネル、ゲートを介してキャビティに、金型ではプラスチック冷却、凝固から冷却、およびベルトによる製品になります。したがって、2番目の射出成形サイクルに入るとき、溶融材料は熱エネルギーの一部を消費し、新しくて役に立たないコールドフロー通路を形成する必要があります。この欠点を克服するために、流路の温度を維持することによって材料を常に溶融状態に保つことができ、流路の低温材料が形成されず、低温材料が発生するかどうかが想定される。流路のない金型。


投稿時間:2021年4月22日